精神保健福祉士 ケースワーカー 国家試験 精神保健福祉士とは


精神保健福祉士 ケースワーカーとは、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害の医療を受け、又は社会復帰促進施設を利用している精神障害者の相談に応じ、援助を行うことを業とする者をいう国家資格であり、名称独占資格の一つです。

また、厳密にいうと、精神医学ソーシャルワーカーは職種であり、それに対応する資格が精神保健福祉士であるのですが、現在では「精神保健福祉士」は職種を意味して用いられることも少なくありません。


精神保健福祉士ケースワーカーのテキスト・問題集等をAmazonで見てみる

精神保健福祉士ケースワーカー国家試験受験資格取得から合格までTopへ

精神保健福祉士 ケースワーカー 国家試験 精神保健福祉士の受験資格と試験科目について


精神保健福祉士(ケースワーカー)の受験資格は以下の通りです。

(1)4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
(2)2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
(3)精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
(4)精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方


精神保健福祉士(ケースワーカー)の試験科目は以下の通りです。

午前(社会福祉士と共通科目)
社会福祉原論
社会保障論
公的扶助論
地域福祉論
心理学
社会学
法学
医学一般

午後(精神保健福祉士専門科目)
精神医学
精神保健学
精神科リハビリテーション学
精神保健福祉論
精神保健福祉援助技術


精神保健福祉士ケースワーカーのテキスト・問題集等をAmazonで見てみる

精神保健福祉士ケースワーカー国家試験受験資格取得から合格までTopへ

精神保健福祉士 ケースワーカー 国家試験 精神保健福祉士の試験日と試験地と


精神保健福祉士 ケースワーカー の試験日と試験地については以下の通りです

試験期日
第11回試験(予定)
平成21年1月下旬

受験申込書の受付期間
平成20年9月上旬から10月上旬

精神保健福祉士の試験地は以下の7ヶ所です
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県

上記7カ所以外にお住いの方は、試験日前日から近くに宿泊して、受験に望まなければなりません。

あっ余談ですが・・・

これだけ試験会場が少ないということは、当然受験者も少ないということですよね。

ということは、精神保健福祉士 ケースワーカー の資格取得者は他の介護福祉士や社会福祉士と比べて圧倒的に少なく、資格そのもにも希少価値があるということです。
 
また、ある程度の人数に達するまでは、不合格者より合格者を排出する必要があるわけで、試験委員からすればまだ試験内容は難しくする必要もなく(実際に易しい問題です!)、非常に合格しやすい状況です。 

是非、現在の好条件を見逃すことなく精神保健福祉士の取得にチャレンジして下さい!


精神保健福祉士ケースワーカーのテキスト・問題集等をAmazonで見てみる

精神保健福祉士ケースワーカー国家試験受験資格取得から合格までTopへ

精神保健福祉士 ケースワーカー 国家試験 精神保健福祉士の勉強方法について


精神保健福祉士 ケースワーカー 資格は、他の恐らく福祉系の資格の中でもっとも易しい試験だといえます(合格率も50%を超えています)。

社会福祉士の資格取得をねらうのであれば、先に精神保健福祉士の資格を取得→共通科目の免除を貰い→社会福祉士受験→社会福祉士合格!というのも一つの方法ですね。

精神保健福祉士は本試験よりも、受験資格を取る方がよっぽど難しい(大変)といえるでしょう。


精神保健福祉士ケースワーカーのテキスト・問題集等をAmazonで見てみる

精神保健福祉士ケースワーカー国家試験受験資格取得から合格までTopへ

精神保健福祉士 ケースワーカー 国家試験 精神保健福祉士の就職について


精神保健福祉士 ケースワーカー として就職するのなら医療系施設が一番活躍できるといえるでしょう。

老人関係・子ども分野でもあるに越したことはありませんが、直接資格で得た知識を役立てようと思えば、病院がベストですね。

精神保健福祉士 ケースワーカー は、資格そのものが新しく取得者も少ないのが現状ですので、現在は引く手あまたです。

是非資格を取得して、精神保健福祉士として活躍して下さい。


精神保健福祉士ケースワーカーのテキスト・問題集等をAmazonで見てみる

精神保健福祉士ケースワーカー国家試験受験資格取得から合格までTopへ

精神保健福祉士 ケースワーカー 国家試験 精神保健福祉士の声


精神保健福祉士の意見を集めました。

・精神保健福祉士ってまだ歴史も浅いですが、今福祉関連資格の中で最も注目されているといっても過言ではないと思います。取得を考えておられるのなら、まだ需要の多い現在がチャンスだと思いますね。
(30代男性)

・精神保健福祉士の資格は確かに他の資格と比べれば易しい方だと思いますが、それでも年々難しくなってきているのも事実です。私は早めに取得しておいてよかったなあって思っています。
(40代女性)

・私は精神保健福祉士として病院に勤めていますが、ん〜なんでしょう?やはり医療の知識のなさに自分自身情けなく感じるときもあります。資格を取るのはゴールではなく取得してからがスタートって感じ ですよ。
(20代男性)

・「精神保健福祉士の資格持ってます」と人に言うと、ほとんどの人から「すごいですねえ」と言われます。これは私にとってはすごいプレッシャーです。だって、精神保健福祉士の資格を持っているからといっても、本当にただ持っているだけで、福祉とはあまり関係ない人たちと比べて、何ら変わりないんですもの。ダメですねえ。もっともっと勉強して、いつか自信を持って「私精神保健福祉士です!」ってみんなの前でいえるようになりたいです!
(20代女性)

・精神保健福祉士は横文字にすると「ケースワーカー」っていうんですね。ケースワーカーとかケアワーカーとかソーシャルワーカーとか、何故か福祉の世界も横文字が増えてきましたね。まあ、日本はまだ福祉先進国とは言えないので、どうしても欧米から用語やノウハウなどが入ってくるので仕方がないですけど。あっすみません、あまり精神保健福祉士の声とは直接関係ないですね^^
 試験では横文字対策も取って下さいね。セツルメント、コミュニティ・ワーカー、シャドウ・ワーク。。。
(30代女性)



精神保健福祉士ケースワーカーのテキスト・問題集等をAmazonで見てみる

精神保健福祉士ケースワーカー国家試験受験資格取得から合格までTopへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。